セミナー・養成講座一覧

セミナー・養成講座一覧

【東京】社内報リニューアルセミナー

東京

受付中

【東京】社内報リニューアルセミナー

8/31(火)【満席】
9/10(金)【満席】
9/21(火)【満席】
9/29(水)
10/6(水)
10/19(火)
*各日程とも14:00~16:30 (受付開始13:30〜)

「発行している社内報が読まれない」「発信しているメッセージが浸透しない」そんな課題はありませんか?重要な経営ツールである社内報が読まれるためには、ひと目見て、読みたいと思ってもらう必要があります。 どんなに大切な情報も、伝わらなければ発信する意味がありません。 知らせたい内容をただ掲載するだけでは読者に伝わらないのです。 いかにわかりやすく編集して、デザインしていくか、つまり、「伝える力」が必要です。 本セミナーでは、社内報でのメッセージの伝え方を、大手企業500社の支援実績をもとにお伝えします。

申し込みはこちら

この講座の概要&スケジュール

 

PROGRAM 01

社内報は、読まれないと意味がない!

 

読者がぱらぱらと誌面をめくる一瞬が、読まれるか、読まれないかの分岐点です。人は3秒で続きを読むのか、読まないのかを決断します。3秒で読みたいと思わせるには、デザインの力が必要なのです。読まれるデザインを導き出すには、デザインの良しあしを判断する基準を持たなければなりません。まずは良いデザインの基準を学びましょう。

 

〇良いデザイン=読みたいと思わせるデザイン

〇読みたいと思わせるデザインは「見出し」にこだわる

〇万人に読みやすいデザインのコツは、「段組み」にある

〇読者を惹きつけるデザインには「目を引く素材」がある

〇「文字が多そう…」と思われたら負け。「拾い読み」を狙うデザインテクニック

〇最後まで飽きずにページをめくらせるレイアウトパターン

PROGRAM 02

「読まれる社内報」に共通する3つの原則とは?

 

「良いデザインにして、読まれる社内報にしたい…」
業界問わず、多くの社内報担当者様が抱えるお悩みの一つです。このパートでは、最新の成功事例をもとに、読まれる社内報の3つの共通点を解説します。ずばり、読まれる社内報に共通するのは「企画の目的が明確であること」「伝えたい読者が明確であること」そして「ストーリーがあること」です。この3つを押さえることで、誌面デザインも劇的に変わります。

 

〇良いデザインにしていくための第一歩は「企画目的」から

〇世の中の大部分の社内報で見落とされている「ターゲット選定」

〇人が心を動かされるのは「ストーリー」があるときだけ

〇業界問わず、うまくいっている会社が大切にしているのは、目的の明確化

〇「 読まれる社内報」を作るには、成功事例を知ることから!

PROGRAM 03

的確な指示でデザイナーのアウトプットの精度を上げる

どんなに良いデザインにしたいと思っても、デザイナーに意図が伝わらなければ、完成品は良くなりません。デザイナー(制作会社)とのやり取りに課題をお持ちの方も多くいらっしゃいます。「イメージしたものと異なる…」「何度伝えても思った通りに反映してもらえない」「最後まで修正やり取りに追われて忙しい」といった課題を解消する、的確な指示の出し方をお伝えします。指示の出し方一つで、デザインは見違えるように変わります。

 

〇デザインで重要なのはサンプル誌面

〇デザイナーが知りたいのは「企画の狙い」と「読後感」

〇社内報で実現したいことは何かを明確に伝える

〇デザインの設計図は「要素」「強調」「関係性」で決まる

〇「こんなイメージ…!」を伝える言葉選びのノウハウ

 

参加者特典

⃝ 大手企業500社の社内広報の実績を持つ当社の「社内報無料分析」を行っています。ご希望の方は社内報直近3号分をお持ちください。

⃝自社の社内報を伝わるデザインに変えるための「書き出しシート」をプレゼントします。セミナー後、次号の企画・デザインに是非活用ください。

アクセスマップ

日本ビジネスアート株式会社 東京本社 / 東京会場

東京都港区赤坂2-14-27(東館)
国際新赤坂ビル9階
TEL.03-5575-3050(平日9:00~18:00対応)
[第二営業本部 セミナー担当まで]

申し込みはこちら

一覧にもどる

TOPへ戻る