【東京】取材執筆力 レベルアップセミナー

東京

受付中

【東京】取材執筆力 レベルアップセミナー

【A日程】5/30(木)・6/13(木) 【B日程】6/20(木)・7/4(木) *各日程とも14:00~16:00 (受付開始13:30〜)

2回完結!取材と執筆のコツを習得
社内広報に欠かせないのが「文字原稿」。寄稿原稿を集めて作ることも多い社内報ですが、より読まれる社内報を実現するためには、社内報担当者が取材して原稿を執筆する企画も必要です。そうした企画では、 社内報という媒体特性を理解したうえでの取材や執筆を行う必要があります。今回は、2回完結で取材執筆に関する基礎から応用までを学びます。

申し込みはこちら

この講座の概要&スケジュール

取材の基本とは何か、プロのインタビュー術を大公開!

原稿を書く際の「いろは」を学べます。

自分でするか外注するかの効果的な使い分け方をご紹介!

 

 

 

PART1

ケーススタディで見る取材執筆のコツ

 

役員インタビュー、職場紹介、ニュースなどの企画ごとに異なる取材執筆のポイントを解説。

⃝役員インタビューでは「転機」が重要

⃝複数人に取材する職場紹介では段取り命

⃝ストレートニュースは5W1Hが基本

PART2

目的がわかれば100倍楽しい

 

取材執筆の目的や手法を基礎から解説。

⃝取材の目的は、対象者のコアメッセージをあぶりだすこと

⃝3アイ(アイスブレイク、あいづち、アイコンタクト)で変わる取材の質

⃝原稿は目的に応じて、人称・書き方を変えるべし

PART3

見出し・言い回しで読ませる原稿に

 

読者に読んでもらうための原稿執筆の工夫を大公開。

⃝見出しの付け方で原稿の印象は変わる

⃝単なる本文要約ではない「見出し」の奥深さ

⃝言い回し一つで、煽りにも願望にも激励にもなる

PART4

取材の質は準備で8割決まる

 

明日から使えるプロライターの取材準備術を伝授。

⃝取材で聞かなくてもわかることは事前に調べておく。

⃝ボイスレコーダー、時計、バックナンバーなどの取材ツールの使い方

⃝取材ノートには質問項目をあらかじめ記載しておく

本講座では、取材・執筆いずれも演習や宿題が含まれておりますので、その課題を提出できない場合は参加をご遠慮いただいております。

アクセスマップ

日本ビジネスアート株式会社 東京本社 / 東京会場

東京都港区浜松町2丁目4番1号
世界貿易センタービルディング9階
03-5408-5101(平日9:00~18:00対応)
[担当:高崎(たかさき)まで]
 
 
 

申し込みはこちら

一覧にもどる

TOPへ戻る