【東京】社内報の企画立案実践講座

東京

受付中

【東京】社内報の企画立案実践講座

【A日程】12/20(木) 【B日程】1/10(木) 【C日程】1/24(木) *各日程とも14:00~17:00 (受付開始13:30〜)

社内外から評価される社内報に必要なのは軸 “発行目的”。
企画立案、原稿執筆、上司や関連部門、制作会社との調整など一冊を作り上げるまでに計り知れない工数とパワーがかかる社内報。本来、企業課題へのアプローチが目的のはずが、ふと振り返ってみると「発行すること」が目的になっている担当者が多くいらっしゃいます。 本当に企業課題に効く社内報とは・・・。本講座では「本当に効果(意味)のある社内報」作成のために必要な情報をお伝えします。

申し込みはこちら

この講座の概要&スケジュール

より効果的な社内報をつくるための必要条件を知ろう!

経営や組織の課題に基づいた企画の立て方って?

マンネリ打破に役立つ、企画の多様な切り口をご紹介!

 

 

 

PART1

効果的な社内報の共通点は「ぶれない軸”発行目的”」

 

企画を立てるとき、原稿を作るとき、編集をするとき、社内報の効果を測るとき、すべての軸になるのは“発行目的”。
⃝発行目的を変えると社内報の位置付けや評価が変わる
⃝一冊すべてのページに意味のある社内報作成のノウハウ
⃝他部門からの言いなりにならない、社内報作成をコントロールするコツ

PART2

自社の課題が整理できれば、やるべき計画も見えてくる

 

前任から引き継いだ発行目的。本当に今の会社の状況にマッチしていますか。
⃝年間計画を立てる前に、自社の課題を考える
⃝他社事例を見ながら、どんな課題があるのか考えてみよう
⃝(ワークショップ)実際に発行目的の分類表を見ながら、自社の社内報の課題を再確認する

PART3

”意志”のこもった年間計画を立ててみよう

 

発行目的を決めただけでは変わらない。目的を達成するために、意志のこもった計画を立てることが重要。
⃝1年分の特集企画テーマを設定、年間計画表を作る
⃝本当に発信すべきネタを落とさないためのコツ。経営計画をカレンダーに落とそう
⃝一筋縄では効果なし。課題へのあらゆる切り口をご紹介
⃝デザインのアウトプットが変われば、成果も変わる

アクセスマップ

日本ビジネスアート株式会社 東京本社 / 東京会場

東京都港区浜松町2丁目4番1号
世界貿易センタービルディング9階
03-5408-5101(平日9:00~18:00対応)
[担当:高崎(たかさき)まで]
 
 
 

申し込みはこちら

一覧にもどる

TOPへ戻る