編集会議はどのように進めればいいんでしょう?

Q.編集委員体制を作り、業務効率を図ろうと思ったんですが、編集会議でなかなか意見や企画案が出てこないんです。

編集会議はどのように進めればいいんでしょう?

 

A.活気があり、意見や企画がたくさん出てくる編集会議のコツを紹介します。

活気があり、意見や企画がたくさん出てくる編集会議のコツを紹介します。
まず編集会議を行う1週間前に、各編集委員へ当日打ち合わせる議題を送りましょう。事前に議題を伝えておけば、自然と次回編集会議のことを考えてもらえるようになります。
そうして準備をしていても、突然、会議中に企画案について編集委員の方に聞くとなると、なかなかアイデアや意見は出てこないと思われます。この問題を解決するために、『編集会議事前記入シート』を事前に配り、議題や問題点、企画内容について、各編集委員の方にあらかじめ記入して持ち寄ってもらいます。そうすることで各編集委員の方々は考えがまとまり、当日活気ある議論が生まれます。
また、当日の司会進行者は、できるだけ参加者全員を指名して、コメントをもらう心掛けが必要です。これがないと、一度も発言しない人が出てしまい、編集会議に参加する意義を感じれなくなってしまいます。一見、考えていないような人も、指名すると貴重な意見をたくさんくれるものです。また、各編集委員が担当しているページに対する感想や意見などをお互いに言い合うことで新たな企画が生まれたり、新しい誌面のイメージが完成したりする場合があります。皆さんもぜひ、事前準備をしっかり行い、編集会議を活性化してください!

 

 

 

 

 

 

一覧に戻る

社内報担当者向け基礎講座

TOPへ戻る