【東京】周年事業の活用講座

東京

受付中

【東京】周年事業の活用講座

【A日程】6/11(火) 【B日程】7/3(水) 【C日程】7/16(火) *各日程とも14:00~16:00 (受付開始13:30〜)

自社の魅力を改めて掘り起こし、様々な施策・媒体で表現し、「社員」の考え・気持ちを変える!!
周年は企業価値を高める絶好のチャンスです。社内の人間を巻き込める大義名分があり、役員陣からの決裁も取りやすく、しかも注目度が高く、高揚感があります。周年を機に、普段はなかなか着手できない重要課題にチャレンジされる企業が増えています。周年記念事業をしっかり計画できれば、非常に高い投資対効果を上げることが可能なのです。

申し込みはこちら

この講座の概要&スケジュール

初めて周年事業を担当者するプロジェクトリーダーの方、事務局として現場でまとめ役となられる方が知っておきたいことを基礎から学べます。

絶対に失敗できないプロジェクトだからこその「考え方」や「準備」についてご紹介!

「最近の傾向」と「リアルな他社事例」の情報収集ができます。

経営陣が納得するような稟議書作成にもお役立てください

「社内向け周年事業」をテーマとして、カタチだけではない、過去踏襲でもない、組織にとっても社員にとっても意味のある周年事業づくりのノウハウをご紹介!

 

 

 

PART1

そもそも周年とは?

 

⃝周年事業の目的と最近の傾向
⃝周年3大コンセプト「一体感」「らしさ」「変革」
・一体感づくり セクショナリズムを打破し、社員のベクトルを一つに合わせるために有効なコンセプト
・らしさの浸透 歴史の棚卸しを通じて、自社らしさを再考する機会を創出。企業文化の種を開花させるのに有効なコンセプト

・変革(意識変革、行動変容) 自社に必要な変革を明確化し、社員全員を巻き込むために有効なコンセプト

PART2

他社事例で知る。周年事業の全体像

 

⃝課題設定、目的の定め方、稟議、施策づくりまで

⃝ご紹介する他社事例

「理念を作り変えブランディング開始」「全国の社員を巻き込み、新社の一体感を強化」「新たなビジネスモデルへ社員の意識改革」「これまでできなかった創業のDNAを伝承」

PART3

周年を成功させるスタートダッシュのコツ

 

⃝成功は「体制」で6割決まる。過度な業務負担を防ぐ&適材適所の役割設定

⃝周年が終わるまでの全体スケジュールと、準備フェーズでつぶしておくべき具体的な検討項目

PART4

社員がシラケない。巻き込み方4つのノウハウ

 

⃝事務所の自己満足にならないための工夫

・時間軸の工夫 ・双方向の工夫 ・媒体や手法の工夫 ・スローガンの工夫

アクセスマップ

日本ビジネスアート株式会社 東京本社 / 東京会場

東京都港区浜松町2丁目4番1号
世界貿易センタービルディング9階
03-5408-5101(平日9:00~18:00対応)
[担当:高崎(たかさき)まで]
 
 
 

申し込みはこちら

一覧にもどる

TOPへ戻る