すぐできて楽しいお正月企画ありませんか?

Q.社内報の1月号にお正月らしい企画を載せたいのですが、年末で忙しく、企画にあまり時間がかけられません。
簡単にできて楽しく読めるようなお正月企画はありませんか?

 

A.社員の顔と想いを掲載すると同時に、楽しく読める企画にするためにも、まずは社員の笑顔を出しましょう。「誰でも知っている人が一人は載っている」状態にすると、ほとんどの社員に興味をもってもらえるページになるので、さまざまな職種・年代・拠点からランダムに原稿依頼をすることがポイントです。社員の顔を出すだけではなく、社員の考えや実は想っている ことなど、読者の心に響くコメントを合わせて掲載することが大切です。

 

年末年始にお忙しいのは社内報の原稿を依頼されるも同じですから、なるべく原稿依頼がスムーズにできるものが良いでしょう。簡単にできるお正月企画を に分けてご紹介します。

 年頭挨拶を工夫してみよう!

毎年恒例の年頭挨拶も、ひと工夫することでより読まれる誌面にすることができます。例えば、メッセージにプラスして、コラムを掲載してみてはいかがでしょうか?社長・役員と社員の距離がぐっと コラムの例をご紹介します。

 

おすすめの書籍紹介:

多くの経験をされてきた役員からおすすめの本を紹介してもらい、社員が読むことで教養を深めることができます。書籍紹介を通じて、社員にとって普段は話せない役員から人生のアドバイスをいただけます。

 

私の仕事道具:

ご自身がいつも使用されるアイテムをご紹介いただくことで、こだわりや仕事観につながるパーソナリティを伝えることができます。

 

プライベートでの目標:

業務面ではなく、プライベート面での目標を教えていただきましょう。ダイエットやゴルフのスコアなど、社員も身近に感じられる目標も出てくるはず。意外な一面を知ることにもつながります。下のサンプル紙面のようにプライベートの写真を入れると、より鮮明に伝わります!

 

社員にとにかく大人数登場してもらう!

1頁あたりの掲載人数が増えれば増えるほど、一人あたりの負担は少なくなります。写真一枚と一言程度であれば、ご協力いただきやすいのです。

人数が多い分、やや手間はかかってしまいますが、お引き受けしていただきやすく、知った顔が増やせると読者も増やせます。

 

どんな方にもお答えいただきやすいテーマは下記の通りです。

 

今年の抱負

プライベート・仕事に関わらず今年の抱負を簡単に言っていただきます。心を新たに、仕事に対するモチベーションを高めていただき、役職・職種・拠点などがさまざまな社員に同じコーナーに登場していただくことで、会社の一体感を醸成することができます。

 

今年の漢字(1文字で)

漢字一文字に込められた思いも一言いただきましょう!一人一人、違いも出て面白いです。

 

わたしの○○変革

今年1年で何を変えていくのか宣言していただきましょう!働き方変革、運動不足変革、家族サービス変革などなど、こちらも社員ごとに特徴があり、リアルコミュニケーションにもつながります。

 

○○年大集合!

年男・年女の方にご登場いただきます。とにかく大人数ご登場いただき、お写真だけで展開することもできますし、上記のようなテーマで一言いただいてもいいですね。

より社員のパーソナリティが伝わる!

掲載人数を絞って、社員のパーソナリティが伝わる企画にすることもおすすめです。お正月ならではのテーマやデザインで企画づくりをしていきましょう!

 

○○年の抱負

年男・年女の方に今年の目標や挑戦したいことなどをお聞きし、顔写真とともに掲載します。干支をモチーフにする、手書きメッセージにして個性を出すなどの工夫をすると、親しみやすいデザインになります。

 

私のお正月の過ごし方

ランダムに選んだ方に、お正月の過ごし方についてレポートしていただきます。「○○百貨店の福袋は並んででもゲットします!」、「年賀状のお年玉くじはすべてチェック!」など、個性的なお正月の過ごし方をしている人を、顔写真とともに紹介します。

 

年賀状を送ろう!

ランダムに選んだ社員の方に、社内の方への年賀状を書いていただきます。内容は、例えば「異動してしまった元上司へ、お世話になった感謝」、「緊急の対応で迷惑をかけた工場担当者へ、営業担当者から新年の挨拶」、「社員から社長へ」など、意外性のある企画がおすすめです。年賀状から新たなコミュニケーションが生まれるきっかけになります!

全国・全世界の拠点からレポートを!

 

 

日本全国に営業拠点がある、またグローバル展開されている企業では、ぜひそれぞれの地域から新年のご挨拶をいただきましょう。少し手間はかかりますが、注目度の高い企画になりますよ。これを機に全社での一体感を醸成しましょう!

 

日本縦断!お正月の過ごし方

日ごろ知る機会のない他拠点の雰囲気を知っていただくコミュニケーション企画です。東北、関西VS 関東(丸餅・角餅)、名古屋(お雑煮に八丁味噌!?など)沖縄、四国など、お正月に独特な風習や食べ物がある地域を選び、地域独特のお正月の過ごし方をレポートしていただきます。

 

世界からハッピーニューイヤー

グローバル拠点から新年のご挨拶をいただきます。現地の年始の過ごし方や、今年の抱負などをご紹介いただきましょう!拠点の皆さんの集合写真と、現地言語での「あけましておめでとう!」というシンプルな要素でも、自社の規模の大きさを改めて知る機会にもなります。

お正月コラムでインプット!

年末年始はご自宅に持ち帰って、ゆっくりと社内報を読まれる方も多いのではないでしょうか。お正月の過ごし方にぴったりな有益な情報をご紹介することも、社内報の役割の一つです。

 

初詣マナーのすすめ

意外と曖昧な初詣のマナー。社員に登場いただき、そのお作法を改めておさらいするコラムは、実は需要のあるコラムでもあります。

 

お正月レシピ

お正月にぴったりのレシピを紹介するのはいかがでしょうか?特に食品・小売業ですと、自社製品でのレシピをご紹介することがおすすめ!社員の接客力アップにつながります。

おわりに

いかがでしたか?すぐに使えるさまざまなアイデアをご紹介しましたが、ぜひいつもと異なる企画に挑戦して、読者の興味を惹きつけてくださいね!

おすすめコンテンツ

 

「はじめて社内報担当者になった方へ」

はじめて社内報担当者になった方には「基礎から学ぶ社内報入門」がおすすめです。より良い一冊にするために企画やスケジューリング、ライティング、撮影といった各パートでのスムーズな進行、クオリティを維持するための工夫を紹介しています。

 

基礎から学ぶ 社内報入門

「サービス紹介」

「新しく担当になり、何から手を付けていいのかわからない」「突然リニューアルが決まり何から手を付けて良いのかわからない」そんな担当者様のお悩みから企業としての課題に至るまで、ご相談いただける日本ビジネスアート株式会社のサービス紹介ページです。

 

サービス

「無料セミナー・養成講座一覧」

「社内報基礎講座」や「WEB社内報のはじめ方講座」、「取材・執筆力 レベルアップ講座」など、多彩な社内広報レベルアップセミナーを東京・大阪・京都など各拠点で毎年実施しています。

セミナー・養成講座

 

「Q&A」の前の記事と次の記事

一覧に戻る

社内報担当者向け基礎講座

TOPへ戻る