わかりやすい見出しをつけるコツは?

Q.記事の見出しをわかりやすくするにはどうすればよいですか?

A.読者に問いかけたり呼びかけたりしてみてはいかがでしょうか?

見出しは読者と記事を結びつける重要な役割を持っています。読者の心を惹きつけるには、見出しを通じて読者に問いかけたり、呼びかけたりするのも一つの手です。
①問いかけ見出し
「○○しませんか?」と問いかけられると、無意識のうちに反応してしまいがちです。人の心理をうまく使って、読者の心を惹きつけます。
(例)仕事をもっと楽しみませんか
②呼びかけ見出し
「○○しましょう」など、呼びかける手法を使うと、記事に温かみや親しみやすさが増します。
(例)もっと仕事を楽しみましょう
③つぶやき見出し
「○○したい」など、読者の心のつぶやき風に表現すれば、読者の共感を得ることができます。
(例)もっと仕事を楽しみたい
見出しに定型はありません。読者を惹きつけられるかどうかを軸に、いろいろな表現方法を考えてみましょう。

おすすめコンテンツ

 

「はじめて社内報担当者になった方へ」

はじめて社内報担当者になった方には「基礎から学ぶ社内報入門」がおすすめです。より良い一冊にするために企画やスケジューリング、ライティング、撮影といった各パートでのスムーズな進行、クオリティを維持するための工夫を紹介しています。

 

基礎から学ぶ 社内報入門

「サービス紹介」

「新しく担当になり、何から手を付けていいのかわからない」「突然リニューアルが決まり何から手を付けて良いのかわからない」そんな担当者様のお悩みから企業としての課題に至るまで、ご相談いただける日本ビジネスアート株式会社のサービス紹介ページです。

 

サービス

「無料セミナー・養成講座一覧」

「社内報基礎講座」や「WEB社内報のはじめ方講座」、「取材・執筆力 レベルアップ講座」など、多彩な社内広報レベルアップセミナーを東京・大阪・京都など各拠点で毎年実施しています。

セミナー・養成講座

 

「Q&A」の前の記事と次の記事

一覧に戻る

社内報担当者向け基礎講座

TOPへ戻る