WEB社内報へのアクセス数がなかなか上がらない…

Q.うちのWEB社内報は、社員にあまり読まれていないことが大きな問題となっています。

社内報を更新しても、アクセス数が全社員の3割程度にしかならないこともしばしば…。勤務時間中は忙しくてWEB社内報を読む時間のない社員も多いのですが、何とかしてもっと読んでもらえる方法はないでしょうか?

 

A.メルマガでWEB社内報の更新をアピールし、読みたくなる工夫をしましょう

WEB社内報の特徴の一つとして、紙媒体と違い「読み手が主体的に媒体にアクセスする必要がある」ことがあげられます。そのために重要になってくるのが「更新しましたよ」という読者への告知活動。ご質問の内容では更新直後もアクセス数が伸びないということですから、そもそも読み手が、WEB社内報が更新されたことに気付いていない可能性が考えられます。

WEB社内報の告知には、壁新聞、口コミ、紙社内報との連動、イントラへのバナー貼りつけなどいろいろな方法がありますが、今日は一番簡単にできる「メルマガ」をご紹介します。

 

やり方は簡単。全社のメーリングリストで、「WEB社内報を更新しました!」ということを伝え、サイトへの直通URLを貼りつけるだけ。他には、読み手がWEB社内報を読みたくなるよう、今回の目玉である特集の内容を少し紹介したり、人気コーナーの今回のタイトルを紹介したり、編集部のコメントを載せたりします。

メルマガは更新当日から日をおかずに、早く送るほど効果的です。以下にメルマガの文章のサンプルを用意しましたので、ぜひご活用ください。

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

●●(社内報名)メルマガ 第●号

●●(社内報名) ●月号更新しました!!

───────────────────────────────────

今日の目次

1.はじめに

2.●月号の特集の内容をちょっとだけ紹介!

3.気になるあのコーナー! 今回は●●にフォーカス

4.編集後記

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

1.はじめに

●●●(社名)のみなさんこんにちは! ●●●(社内報名)編集部の●●●です。

いつも●●●(社内報名)をご愛読いただきありがとうございます。

今月も、無事●月号を皆さんにお届けすることができました。

編集に関わってくださった皆さん、ありがとうございました。

まだ見ていない方は、さっそくアクセス!

WEB社内報トップページ  URL: ●●●●●

 

2.●月号の特集の内容をちょっとだけ紹介!

今回の目玉は、4月の新入社員一人ひとりの素顔を紹介した

「2012年度新入社員、大解剖!」です。

新入社員の配属先とプロフィールが一覧できるほか、

先輩社員の新入社員時代の初々しいエピソードや、新入社員への激励の

メッセージを掲載しています。

あの人の新入社員時代の写真も見られるかも!?

 

3.気になるあのコーナー! 今回は●●にフォーカス

今回は、人気コーナー「突撃!となりの営業所」にフォーカス!

●月号では●●営業所におじゃまし、お客様からのクレームを減らすため

営業所が一丸となって行っている取り組みを取材しました。

営業所内の情報共有でクレームを半減させた方法とは? 必見です!

 

4.編集後記

●月号では●●営業所を取材するため、●●県に行ってきました。

いい笑顔で写真に納まってくれた皆様、今期の取り組みについて丁寧に教えて

下さった●●所長、ありがとうございました。

非常に和気あいあいとした、チームワークのよい営業所でした。

帰りがけには特産の●●に舌鼓! 皆さんも●●営業所においでの際はぜひ!

 

───────────────────────────────────

 

WEB社内報●●●トップページ  URL: ●●●●●

わずか3分でできる!皆さんのアンケートが励みになります!

WEB社内報●●●アンケートページ  URL: ●●●●●

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

 

 

一覧に戻る

社内報担当者向け基礎講座

TOPへ戻る