WEB社内報で、現場の情報をたくさん集めるには?

Q.弊社ではWEB社内報を発行しています。 WEB社内報を通じて、リアルタイムなクライアント情報や現場社員の生の声をたくさん掲載して共有したいと思っていますが、なかなか情報が集まりません。

新たなシステムを構築せずにできる、何かいい方法はありませんか?

 

A.日報など、現場の社内情報を編集してWEB社内報に掲載しましょう。

ここでは、WEB社内報上で情報を集めるためのコーナーを設け、その企画や運用を工夫をすることで、WEB社内報を盛り上げた事例をご紹介します。ある会社様では、WEB社内報上に「社内報wiki」と名付けたコーナーが設けられ、(Wikipediaのように)クライアントごとのページに、

 

  • 現場の方の気づき
  • お客様からのお褒めの言葉やクレーム
  • 業界動向など

 

 

がこのコーナーにUPされ、誰でも閲覧できるようになっています。

情報収集と掲載の方法としては、現場責任者が毎日必ず記入する日報を社内報担当者がリライトし、読みやすいよう情報を項目ごとに分類してUPする、という運用を行っています。

 

1週間に一度ほど更新されるこのコーナーは、「クライアントとの関係構築のヒントになる」「業務の引き継ぎに役立つ」と社内でも好評で、社内報担当者様は、将来的には誰でも投稿でき、現場からの情報が日々上がるようなメディアに育てていきたいそうです。

WEB社内報は、誰もが投稿することのできる双方向性に優れたメディアです。ぜひ、有効活用して社内の情報共有に役立てたいですね。

おすすめコンテンツ

 

「はじめて社内報担当者になった方へ」

はじめて社内報担当者になった方には「基礎から学ぶ社内報入門」がおすすめです。より良い一冊にするために企画やスケジューリング、ライティング、撮影といった各パートでのスムーズな進行、クオリティを維持するための工夫を紹介しています。

 

基礎から学ぶ 社内報入門

「サービス紹介」

「新しく担当になり、何から手を付けていいのかわからない」「突然リニューアルが決まり何から手を付けて良いのかわからない」そんな担当者様のお悩みから企業としての課題に至るまで、ご相談いただける日本ビジネスアート株式会社のサービス紹介ページです。

 

サービス

「無料セミナー・養成講座一覧」

「社内報基礎講座」や「WEB社内報のはじめ方講座」、「取材・執筆力 レベルアップ講座」など、多彩な社内広報レベルアップセミナーを東京・大阪・京都など各拠点で毎年実施しています。

セミナー・養成講座

 

「Q&A」の前の記事と次の記事

一覧に戻る

社内報担当者向け基礎講座

TOPへ戻る