社内報で、結婚や出産などの個人情報を出すことは普通なのでしょうか?

Q.社内報で、結婚や出産などの個人情報を出すことは普通なのでしょうか?

問題ではないのでしょうか?

 

A.この質問は、個人情報保護法が施行された2005年ごろから、各社さまより多く上がっております。

慶弔関連の記事は、今は約8割以上の社内報に掲載されています。施行の影響から、一時期、結婚や出産などの慶弔関連が誌面から姿を消した会社も多くありました。しかし、なんといっても社内報では格段の人気を持つこのコーナー(「ここしか見ない!」という読者もおられるようです)。じわじわと復活される会社が増え、今では約8割以上の社内報に掲載されています。ただし、年齢が分かるようなものはNG、出身地や出身学校に関する内容はNGなど、どこまで掲載するかはその会社によってまちまちです。掲載内容は会社の風土や読者層を踏まえ、上司に相談しながら自社の決まりを作られることをおススメします。社内報に登場していただいた方が嫌な気持ちにならず、読者も楽しく読めるものであるのなら、なるべく残していきたいページですね。

おすすめコンテンツ

 

「はじめて社内報担当者になった方へ」

はじめて社内報担当者になった方には「基礎から学ぶ社内報入門」がおすすめです。より良い一冊にするために企画やスケジューリング、ライティング、撮影といった各パートでのスムーズな進行、クオリティを維持するための工夫を紹介しています。

 

基礎から学ぶ 社内報入門

「サービス紹介」

「新しく担当になり、何から手を付けていいのかわからない」「突然リニューアルが決まり何から手を付けて良いのかわからない」そんな担当者様のお悩みから企業としての課題に至るまで、ご相談いただける日本ビジネスアート株式会社のサービス紹介ページです。

 

サービス

「無料セミナー・養成講座一覧」

「社内報基礎講座」や「WEB社内報のはじめ方講座」、「取材・執筆力 レベルアップ講座」など、多彩な社内広報レベルアップセミナーを東京・大阪・京都など各拠点で毎年実施しています。

セミナー・養成講座

 

「Q&A」の前の記事と次の記事

一覧に戻る

社内報担当者向け基礎講座

TOPへ戻る