うちの社内報は硬くって、若い人は全然読んでないんです。

Q.うちの社内報は硬くって、若い人は全然読んでないんです。

デザインを変えたいのはもちろんですけど、うちの社内報、30年の伝統があり、役員もこだわりがありそうで、一切、変えることができないと思うんですよ。どうすればいいでしょうか?

 

 

 

A.歴史のある社内報は、それだけ様々な人の想いが詰まっています。

ゆるやかなリニューアルを試みてはいかがでしょうか。OBの方から意見が寄せられることも多く、「デザインが古くなっているから」といった理由だけでは大きく変化させられないこともあります。これまで寄せられた意見を踏まえて、現在の社内報がつくられてきた背景に配慮しながら、ゆるやかなリニューアルを試みてはいかがでしょうか。下記の手順で進めましょう。1.歴代の社内報担当者から、社内報が現在の構成になっている理由をヒアリング(過去にどのような立場の方から、どんな意見をいただいたのか。社内報担当者自身の考えも聞きましょう)。2.現在の読者からの声(掲載する情報、デザインへの要望)を集める。3.集まった声を集約して、現在の自社に社内報がそぐわなくなっているポイントをまとめる。4.上司と相談。社長を含む経営層とリニューアルできる範囲を決める。
全面リニューアルではなくとも、数ページのみ、1コーナーを新設することから始めてみてはいかがでしょうか。時間はかかりますが、読者からの抵抗も少なく、反応を確かめながら進められる利点があります。

おすすめコンテンツ

 

「はじめて社内報担当者になった方へ」

はじめて社内報担当者になった方には「基礎から学ぶ社内報入門」がおすすめです。より良い一冊にするために企画やスケジューリング、ライティング、撮影といった各パートでのスムーズな進行、クオリティを維持するための工夫を紹介しています。

 

基礎から学ぶ 社内報入門

「サービス紹介」

「新しく担当になり、何から手を付けていいのかわからない」「突然リニューアルが決まり何から手を付けて良いのかわからない」そんな担当者様のお悩みから企業としての課題に至るまで、ご相談いただける日本ビジネスアート株式会社のサービス紹介ページです。

 

サービス

「無料セミナー・養成講座一覧」

「社内報基礎講座」や「WEB社内報のはじめ方講座」、「取材・執筆力 レベルアップ講座」など、多彩な社内広報レベルアップセミナーを東京・大阪・京都など各拠点で毎年実施しています。

セミナー・養成講座

 

「Q&A」の前の記事と次の記事

一覧に戻る

社内報担当者向け基礎講座

TOPへ戻る