企画・ヒントを探す

企画・ヒントを探す

震災・非常時

【震災時の社内広報1】対策本部の設置情報は本部の行動計画も明示する

震災後、震災対策本部が各社で設置されます。広報として震災対策本部の行動を把握して社内に周知し、対策本部の動きをサポートしていくことになります。

【震災時の社内広報2】お客様、取引先など社外との連携における一人ひとりの役割を明確に指示する

震災後、企業活動の復旧のためには、社内だけではなく、親会社、お客様、取引先との相互連携をとる必要が出てきます。

【震災時の社内広報3】本社移転報告は、移転に伴う組織の動きまで報告する

震災後、損傷の激しい地区から移転しなければならない事態も起こりえます。以下の項目が、各社の広報において実施されました。

【震災時の社内広報4】マスコミ対応は、自社の状況、事業への影響を包み隠さず、正確に伝える

震災後、広報部は会社の現状、事業に与える影響をマスコミに公表していくことになります。緊急時、テレビや新聞などのメディアに掲載される情報は、従業員への情報提供ともなり得ます。

1 / 11

TOPへ戻る