原稿作成

必要な情報を集めてプロットを決める

社内報の中には、担当者が執筆する原稿もあるでしょう。
この場合、
①資料を調べて書けるのか、取材した方がいいのかをまず考え、内容に応じた情報収集を行います。
②どのような流れにすれば読者に伝わるかを考え、原稿のプロット(枠組み・構成)を決めてから書き始めるとスムーズに進みます。

また、寄稿原稿や制作会社のスタッフからあがってきた原稿のリライト(書き直し)も大切な作業。
「企画の意図に添った原稿になっているか」「文章のトーンが他の原稿と揃っているか」「文字量はあっているか」などをチェックし、必要に応じてリライトを行います。

取材を行った原稿や寄稿原稿は、取材対象者・寄稿者への内容確認を忘れずに。発行後に「こんな意味ではなかった」などとトラブルになることを未然に防ぎ、社内報への信頼を高めます。

 

一覧に戻る

社内報担当者向け基礎講座

TOPへ戻る