進行管理(スケジュールの立て方)

社内報を制するにはスケジュールから

 

社内報ができるまでには、いくつもの制作工程があります(下図参照)。

余裕ある制作でミスなく社内報を発行するため、まずはスケジュールを作成しましょう。
スケジュールは、
①発行日から逆算して、「校了日」「色校正確認」など冊子全体のスケジュールを作成します。社内報の体裁(頁数、色数)によって各工程に必要な日数は異なってくるので、制作・印刷会社などに相談しスケジュールを出してもらうのもいいでしょう。

②「校了日」に向けてコンテンツ(企画)毎に「取材日」「入稿日」「初校」「再校」などのスケジュールを作成します。取材や原稿依頼で他部署に協力を依頼するコンテンツは、原稿確認の期間を忘れずに設定しましょう。

一覧に戻る

社内報担当者向け基礎講座

TOPへ戻る