記事検索

原稿執筆

2015年07月28日

いい文章はマネして学ぶ!

277

write001

文章力を向上させるための1つの方法として、「摸写」をお薦めします。

「模写」とは・・・

良い文章を横目に、その文章をただひたすら書き写すという練習法。

目安としては毎日20分~40分、良い文章の型が体にしみ込むまで書き続ける。

もちろん毎日続けること。

かなり「体育会系」的な練習方法ではありますが、

早い人は2ヵ月、そうでない人も1年もすれば、自然と文章力と語彙力が向上していることでしょう。

 

なぜ模写をするのか?

「文章の書き方」というような参考書を購入して部分的なテクニックを勉強することも重要ではありますが、文章を書くうえで大切なのは起承転結やリズム、つなぎなどの「全体感」です。

この「全体感」を手に入れるためには、「良い文章を読む」→「良い文章を書く」という反復練習が最も効果的であると言えます。

 

では、良い文章とは何か?

「〇〇新聞の〇〇コーナーが最も優れた文章!」や「雑誌〇〇の〇〇コーナーの文章がすばらしい!」など、インターネット上でも情報が飛び交っておりますが、「良い文章はこれだ!」という正解はありません。文章が読まれるシーン、書き手が読み手に伝えたい情報、印象によって文章はさまざまな形に変容するためです。

「”自分にとって”良い文章」を見つけるために、まずは仕事でよく書く文章のタイプを割り出すこと、またはどのような文章が苦手かを把握することから始めましょう。

それらに見合った新聞や雑誌を発見し、文章の型を見て、マネをして練習することが大切です。

関連記事

  • プライベートセミナー追加開催決定!

    セミナー初心者向け

    詳細はこちら

  • 社内広報に正解はない(グリー株式会社)

    家族担当者

    詳細はこちら

  • 企画ごとにスケジュールを作成してスムーズな制...

    スケジュール進行管理

    詳細はこちら