記事検索

2000年05月05日

印刷

410

社内報制作の総仕上げ段階

全ての原稿作業が終了し校了となったら、いよいよ印刷工程に入ります。

制作協力会社でデザインデータ(版下)を作成→印刷工場に出稿→色校正確認→印刷→製本→仕分け・発送というのが基本的な流れになります。

ポイントは「色校正確認」で、修正を反映できる最後の工程となります。

本印刷がスタートしたら修正を行うことはできませんので、校了前にしっかりと校正を行うことが重要です。

印刷は、色(1色、2色、4色)や使用するインクや紙(SOYインク、再生紙、FSC紙など)によって、コストにも大きく関わってきます。

予算に合わせて最適な印刷方法が選べるよう、印刷会社に一度相談してみるのもいいでしょう。

関連記事

社内報のセミナー

ランキング
ランキングラベル 原点を知る!トップが「若い頃」を語る企画
ランキングラベル 社内報とは?
ランキングラベル 新入社員の企画で、面白い見せ方ってありますか?
ランキングラベル 印刷
おすすめ記事
社内広報に正解はない(グリー株式会社)
「経団連推薦社内報審査」受賞の秘訣
原稿依頼を飛躍的にスムーズにする「原稿依頼シート」活用のススメ
話題のキーワード
スケジュール
セミナー
家族
年間計画
発行後
無料ダウンロード
表紙
編集後記
発行目的
グローバル